メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme お寺の「朝活」 掃除や勤行、心整える時間に

東京タワーを背後に掃除をする参加者たち。みんなどこか楽しげだ=東京都港区の光明寺で、花澤茂人撮影

 近年、お寺ならではの「朝活」が広がりを見せている。オフィスビルに囲まれた浄土真宗本願寺派・光明寺(東京都港区)の取り組みを訪ねた。

 8月下旬の平日朝7時半、光明寺に約20人のサラリーマンや学生たちが集った。目的は「テンプルモーニング」と銘打った掃除の会だ。同寺では2017年秋に始まった。

 「掃除は心を整えるため仏教で大切にされてきた修行。誰でもいつでも、自分のペースでできます」。発案者で同寺僧侶の松本紹圭(しょうけい)さん(40)は語る。「早起きして境内を掃除するのは気持ちが良い。お坊さんが独り占めしていた時間のお裾分けです」。開催は不定期で月2回。ツイッターなどで告知し、申し込み不要、参加無料。毎回10人前後が集まる。

 本堂で15分ほどお勤めをしてから掃除開始。掃き掃除、お墓掃除などに分かれ、おのおの作業に取りかかる…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです