メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

孫・鷺珠江さんに聞く河井寛次郎の巻

河井寛次郎について語り合う鷺珠江さん(左)と桂南光さん=京都市東山区で、大西達也撮影

 近代陶芸の巨匠でありながら、生涯、一介の陶工たらんとした河井寛次郎(1890~1966)。その作品や書き残した言葉は、没後半世紀を経た今も多くの人々に愛されています。桂南光さんも、暮らしの中に陶芸作品を取り入れ、哲学的な言葉を人生の指針としてきた一人。京都・五条坂にある河井寛次郎記念館は、疲れた時にふらっと立ち寄るお気に入りの場所だといいます。夏の終わりの京都を訪ね、同館学芸員を務める孫の鷺珠江さんと、寛次郎の多面的な魅力について語り合いました。【山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文2579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです