メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

日本、自由に4T 成長、ワンチーム(その2止)

【日本-ロシア】後半、相手のボールを奪い独走トライを決めるラブスカフニ(中央)=東京・味の素スタジアムで2019年9月20日、藤井達也撮影

 (1次リーグ・第1日)

ボーナス点「1」獲得

 前回大会に一度も得られなかった貴重な「ボーナス」を手にした。白星による勝ち点4に加え、ロシアから4トライを奪って「ボーナス点1」を獲得。「プレッシャーに対してうまくバトル(対応)でき、30点を取れた」と主将のリーチは手応えを口にした。

 目標の8強進出を実現するため、開幕戦でのボーナス点獲得はノルマだった。前回大会で日本は強豪の南アフリカを破るなど1次リーグで3勝した。ただし、FB五郎丸(ヤマハ発動機)の正確なキックを生かしてPGで得点を稼ぐ戦略をとったため、トライ数は少なく、ボーナス点を一度も得られなかった。それが最終的に響き、南アフリカ、スコットランドと3勝1敗で並んだものの、2位のスコットランドに勝ち点で「2」及ばず、日本は1次リーグで姿を消した。3勝しながら決勝トーナメントに進めなかったチームはW杯史上初めてだった。

 序盤こそ苦しんだが、安定したセットプレーと鮮やかな展開でリズムをつかみ、前後半とも2トライを奪った…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです