メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 停電、井戸くめず 千葉「隠れ断水」数千戸 上水道普及率、旧山武町地域40%足らず

田んぼに設置された管の注ぎ口から湧き水をくむ高野登さん=千葉県山武市で2019年9月17日午後2時17分、金沢衛撮影

 台風15号による停電の影響で、千葉県ではピーク時に9万戸近くが断水した。だが、これは上水道のみ。井戸水を日常的に使う地域も同様に電動ポンプで水をくみ上げられずに断水した。こうした数字には表れない「隠れ断水」の実態は不明で、支援が十分に届いていない可能性がある。

 県中部に位置する山武(さんむ)市の旧山武(さんぶ)町地域。田んぼの湧き水をくむ内装業、高野登さん(68)の姿があった。「重いタンクを持ってあぜ道を上るのがつらい」と息を切らせる。

 20年ほど前に旧山武町に自宅を購入。「夏に近くの小川にホタルが舞う」ほどの良質な地下水に恵まれ、飲…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです