メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、ウクライナに捜査要求疑惑 バイデン氏次男追及 軍事支援引き換え?

 トランプ米大統領がウクライナに対し、軍事支援と引き換えに、2020年大統領選で対立候補になる可能性のあるバイデン前副大統領のスキャンダル追及を要求した疑惑が浮上した。今後、詳細が判明すれば連邦法違反に問われることもあり得る。トランプ政権の新たな火種である一方、民主党のバイデン氏にとっても痛手となる可能性があり、選挙戦の行方に影響を与えることになりそうだ。

 発端は18日のワシントン・ポスト紙の報道。トランプ氏が外国首脳と交わした「約束」の内容を問題視した米情報機関の関係者が8月12日、監察総監室に内部告発し、総監は告発に信ぴょう性があり議会に通知する必要のある「緊急案件」と判断したと報じた。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 中国地方で大雨被害 島根・江の川が氾濫 広島では土砂崩れ、親子2人不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです