メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中「完全合意目指す」トランプ氏 譲歩狙いまた圧力 長期化にも言及

トランプ米大統領=竹下理子撮影

 トランプ米大統領は20日、ホワイトハウスでの記者会見で、米中通商協議について「部分合意ではなく完全な合意を目指している」と述べ、中国による米農産品購入などの限定的な譲歩では満足しない考えを示した。一方、中国代表団は週明けに予定していた米農家視察を急きょ中止した。来月初めに予定される閣僚級協議に向け、両政府の神経戦が続いている。

 米中両政府が前日からワシントンで開いていた次官級の通商協議は20日、2日間の日程を終えた。米通商代表部(USTR)は「協議は建設的だった。10月の閣僚級協議で中国代表団を迎えることを心待ちにしている」との声明を出し、中国商務省報道官も21日、「建設的な議論を行い、今後も議論を継続することで一致した」と表明した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです