メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酸味と甘みを味わって 自生のヤマブドウで羊羹や甘酒商品化 福岡・みやこ町

ガラミで商品開発された甘酒と羊羹、ラスク

 福岡県みやこ町豊津のまちおこし団体、豊前国小笠原協会(川上義光理事長)は、山野に自生するヤマブドウの果実を使った「羊羹(ようかん)」や甘酒など3種類の商品を開発した。同町国作のアンテナショップ「みやこ甘味舎」と、北九州市の小倉城天守閣横の「しろテラス」で販売している。

 ヤマブドウは地元で「ガラミ」と呼ばれる。協会によると、「同町犀川大村は江戸初期にガラミを使い葡萄(ぶどう)酒を作ったとされている」として昨秋、ワイン作…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです