メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「北東北」は分かりにくい? 世界遺産登録へ名称変更の議論 縄文遺跡群

三内丸山遺跡=青森市三内丸山で、北山夏帆撮影

[PR]

 2021年の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査を前に、関係者の間で名称の変更を巡る議論が浮上している。登録にあたっては国外に向けてより理解されやすい名称が求められるといい、今後、専門家らも交えて検討される予定だ。【井川加菜美】

 青森県によると、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の名称は07年の北海道・北東北知事サミットで決定した。ただ、関係者の間では「北東北」という地域名では分かりにくいという指摘があるほか、地元からは具体的な地名が入ることで観光面での効果を期待する声も上がっているという。

 また、登録に強い影響力を持つイコモス側から、世界遺産としての価値を明確にした名称を求められる可能性もある。

 18年に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は当初は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」だったが、現地調査をしたイコモスから「禁教期との関わりに重点を置くべきだ」として名称の見直しを求められ、変更。15年に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」も当初は別の名称だったが、イコモスがユネスコに登録の勧告をした際、名称の変更を求めた。

 県世界文化遺産登録推進室の岡田康博室長は「より分かりやすく(遺跡群の)価値がストレートに伝わるよう名称をどうするか。現在の名称は定着しているが、世界的にそのまま受け入れられるか検討する必要がある」と話す。今後、専門家や関係機関などと検討を重ねる方針という。

 縄文遺跡群は、4道県に点在する17遺跡で構成。県内には縄文時代を代表する大規模集落跡「三内丸山遺跡」(青森市)をはじめ4市2町に八つの遺跡がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです