メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風17号 北上続け沖縄本島が暴風域に 気象庁、厳重な警戒呼び掛け

午後0時現在の台風17号

 大型で強い台風17号は21日、北上を続けており、沖縄本島が暴風域に入った。22日には九州に接近し、対馬海峡付近を通過して日本海に進む見込み。23日以降は北日本に近づく恐れがあり、3連休中の台風に、気象庁は暴風や高波、高潮などへの厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風の影響で21日午後0時45分現在、沖縄県内の約3万1000世帯が停電する被害が出ている。台風の接近に伴って、宮崎市では21日午前9時20分までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が観測され、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。

 台風15号で被災した千葉県などでは23日にかけて風が強まり、断続的に雨が降る見込みで、気象庁は復旧作業について安全に注意するよう求めている。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです