メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速道路交差の「ジャンクション」鑑賞が人気 その魅力とは

箱型の橋脚が珍しい北港ジャンクション=大阪市此花区で2019年9月19日午後7時36分、幾島健太郎撮影

 高速道路が交差する「ジャンクション(JCT)」の造形美に魅了される人たちがいる。JCTの夜景写真がネット上に相次いで投稿され、JCTを巡るツアーも行われる。阪神高速道路(大阪市)が昨年、JCTの写真や立体模型の展示会を初めて開くと、約1000人が駆けつけた。その魅力とは――。

 8月下旬の午後9時過ぎ。大阪市西区の阪神高速阿波座JCTの真下に男女6人が集まっていた。縁石に座り、何層にも重なる道路を見上げ、時折、カメラのシャッターを切る。6人はネットで知り合い、この日初めて会った仲間だ。名古屋市のアルバイト、工藤萌花さん(26)は「圧倒される」とJCTに目を奪われていた。

 ファンの間で、阿波座JCTは首都高速の箱崎JCT(東京都)に並ぶ「西の横綱」と評される。約20年前…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです