メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳人、伊丹三樹彦さん死去、99歳 新しい俳句表現の先陣切る

「俳句は日常生活や人生そのもの。尽きることはありませんよ」と語る俳人の伊丹三樹彦さん=兵庫県尼崎市南塚口町2の自宅で2019年2月5日、高尾具成撮影

 俳句と写真を組み合わせた写俳を提唱するなど、新しい俳句表現の先陣を切ってきた俳人、伊丹三樹彦(いたみ・みきひこ、本名・岩田秀雄=いわた・ひでお)さんが21日、肺炎のため亡くなった。99歳。通夜は22日午後6時、葬儀は23日午前11時、兵庫県伊丹市宮ノ前1の2の30のクレリエクシードホール。喪主は長女で俳人の伊丹啓子(けいこ)さん。

 兵庫県伊丹市生まれで、同県三木市育ち。この地名が俳号の由来となった。13歳で俳句を始め、新興俳句の旗手、日野草城(そうじょう)に師事。1949年、草城主宰の「青玄」創刊に参加した。56年、草城の死去により主幹として後を継いだ。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです