不漁、転覆事故…それでも「心意気」 根室さんま祭り開幕 22日まで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サンマが焼けるのを待つ子どもたち=北海道根室市の根室港特設会場で2019年9月21日午後0時18分、本間浩昭撮影
サンマが焼けるのを待つ子どもたち=北海道根室市の根室港特設会場で2019年9月21日午後0時18分、本間浩昭撮影

 サンマの水揚げ量が9年連続日本一の北海道根室市で21日、「第27回根室さんま祭り」(同実行委員会主催)が開幕し、根室港の特設会場一帯は炭焼きサンマの香ばしいにおいが立ちこめた。サンマが食べ放題とあって開幕前から長蛇の列ができる一方、サンマ漁船の転覆事故を受け、花火などのイベントは中止された。

 記録的不漁が続く今年のサンマ漁。しかし実行委は「根室の心意気」と炭火焼きサンマ用に約3万匹(約3・2トン)を確保。箸(はし)…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集