メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

イナズマロックフェスのステージで熱唱する西川貴教さん=滋賀県草津市の烏丸半島で2019年9月21日午後4時40分、成松秋穂撮影

 滋賀県出身のアーティスト、西川貴教さん(49)が琵琶湖の環境保全と地域振興をテーマに企画する音楽フェス「イナズマロックフェス2019」が21日、同県草津市の烏丸半島で始まった。今回で11回目となるイナズマを「新たな気持ちでのスタート」と、開幕前の毎日新聞の単独インタビューで語っていた西川さん。新しい歩みを刻み始めたイナズマは22日までの2日間、湖国を熱狂の渦に包む。

 西川さんが「滋賀ふるさと観光大使」に就任した翌年の2009年に始まったイナズマは、16年は雷雨のため2日目が公演途中で中止になり、振り替え公演をした17年は本公演の2日目が台風の接近で中止になった。この日も断続的に雨が降り、多くの来場者がカッパに長靴姿で会場を訪れたが、メインステージ「雷神」開演の午後2時には、ファンの思いが通じたかのように降りやんだ。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです