メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽の塔などオレンジ色に 全国40カ所ライトアップ 世界アルツハイマーデー

「世界アルツハイマーデー」に合わせてライトアップされた太陽の塔=大阪府吹田市で2019年9月21日午後7時13分、木葉健二撮影

[PR]

 認知症への理解を呼びかける「世界アルツハイマーデー」の21日、万博記念公園(大阪府吹田市)の太陽の塔が認知症支援を象徴するオレンジ色にライトアップされた。

 世界アルツハイマーデーは国際アルツハイマー病協会(本部・英国)が1994年に制定し、各地で啓発が行われている。国内では、「認知症の人と家族の会」(本部・京都市)が2013年に京都タワー(同市)のライトアップを開始。今年は、姫路城や明石海峡大橋(いずれも兵庫県)など全国約40カ所がオレンジ色に彩られた。

 同会の鎌田松代事務局長は「認知症や患者、家族の思いに関心を持つきっかけになれば」と話している。【阿部周一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです