メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島、長崎の中間に被爆樹木を植樹 福岡県上毛町「第3の発信拠点に」

大池公園内の長崎の丘に被爆樹木の「嘉代子桜」の苗木を植樹する地元の高校生と中学生=福岡県上毛町で2019年9月21日午前10時42分、籔田尚之撮影

 国連が定める国際平和デーの21日、広島市と長崎市それぞれの原爆爆心地を直線で結んだ中間点に位置する福岡県上毛(こうげ)町で、両市から持ち寄った被爆樹木の苗木の記念植樹などがあり、参加者が「核なき世界」の実現を願った。

 被爆者で広島市の建築家、錦織亮雄(にしきおりあきお)さん(81)が、広島、長崎両市から共に約150キロの距離にあることに着目。「核廃絶に向けた…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです