メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サーフィン中の親子流され1人死亡1人不明 宮崎・日向市

宮崎県警=宮崎市で2019年2月21日、田崎春菜撮影

[PR]

 21日午後3時15分ごろ、宮崎県日向市日知屋(ひちや)の伊勢ケ浜海岸でサーフィンをしていた福岡県大野城市仲畑4、会社員、橋迫和文さん(60)と長男が流された。橋迫さんは約20分後に意識不明の状態で救助され、病院に搬送されたが死亡。宮崎県警や消防が長男の捜索を続けている。県警日向署によると、橋迫さんは家族4人と長男の知人の計5人で来ていた。

 宮崎地方気象台によると、台風17号の影響で当時県内は波浪注意報が出ていた。【柳瀬成一郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです