メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前半は互角 ウェールズ出身ジョーンズ監督がもたらしたロシアラグビーの革新

【日本-ロシア】前半、ラインアウトで競り合うファンデルバルト(中央右)=東京・味の素スタジアムで2019年9月20日、宮武祐希撮影

ラグビーW杯1次リーグA組 

○日本30-10ロシア●(20日、東京・味の素スタジアム)

 ホストチームをW杯の開幕戦で破るべくロシアは野心的だった。試合開始早々、FBアルテミエフがハイパントキックで右サイドを狙い、日本のFBトゥポウが捕球に失敗したところをWTBゴロスニツキーが捕球。そのままインゴールに持ち込み、先制トライで日本の機先を制した。

 FWの密集戦で後手に回りながら、SOクシナリョフが防御線の裏に蹴るキックは正確。動きの良いゲラシモ…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです