メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セットプレーの安定感が開催国の重圧はねのける スクラムはすべてボールをキープ

【日本-ロシア】前半、多くの観客が見つめるなかでスクラムを組むバル(中央左)ら日本の選手たち=東京・味の素スタジアムで2019年9月20日、宮武祐希撮影

ラグビーW杯1次リーグA組 

○日本30-10ロシア●(20日、東京・味の素スタジアム)

 体格と高さがものをいうセットプレーでの安定感が、開催国の重圧をはねのけた。

 5―7の前半終盤。WTB松島のトライの判定がノックオンに覆った直後のスクラムだ。相手陣ゴール前で、16人の塊は日本から見て時計回りに動きながら前に出る。崩れたロシアはボールをキープするのがやっとで、外に蹴り出すしかなかった。そして、その後の敵陣22メートル付近でのラインアウト。ロックのムーアが良い体勢で捕球すると素早く展開し、逆転のトライにつながった。

 選手一人一人は小さくても、細部を詰めれば勝機はある。FWの平均体重ではほぼ互角だが、ロシアの両ロックはそれぞれ198センチ、200センチの長身。上背では不利だが、ラインアウトではフッカー堀江の安定したスローに素早くタワーを作って対抗した。スクラムは足や相手のジャージーをつかむ位置、背中の角度にまでこだわって強化してきた。その結果、この試合のマイボールのラインアウトの獲得率は9割を超え、スクラムはすべてボールをキープした。

 序盤の苦しい時間帯を救ったのも、セットプレー。ミスや相手のキックで自陣深くに攻め込まれたが、試合が再開するたびに軌道修正できた。「ミスにも前向きに考えてプレーできた」と主将のリーチ。今後待ち受ける、格上との対戦で真価が問われる。【長宗拓弥】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです