メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南アの英雄形見のビール「W杯で乾杯」 横浜の元ラガーマンとの出会いきっかけに誕生

1995年W杯でプレーする南アフリカ代表のチェスター・ウィリアムズさん=ヨハネスブルクで、AP共同

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に合わせ、南アフリカで人種融和の象徴となった黒人のラガーマン、チェスター・ウィリアムズさんの名を冠したクラフトビールが完成した。きっかけを作ったのが、ラグビーファンが集まる横浜市中区のスポーツバーで働く加藤丈司(たけし)さん(49)。2人はW杯で会う約束をしていたが、ウィリアムズさんが急死してかなわなかった。加藤さんは残されたビールを形見にし、南アをもっと知ってもらいたいと考えている。

 ウィリアムズさんは1995年のラグビーW杯南ア大会で、アパルトヘイト(人種隔離)政策で知られた南ア…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです