メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あのピンクは何だ」MGCの謎のシューズ 代表権得た男女3人履く

MGCで選手が履いていた厚底シューズ(右)と一般的なレースシューズ(左)=東京都千代田区のスーパースポーツゼビオ東京御茶ノ水本店で2019年9月18日午後4時26分、川崎桂吾撮影

 15日にあった東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、選手たちの「足元」に注目が集まった。多くの選手が同じピンク色のシューズを着用していたからだ。あれは一体何だ?【川崎桂吾】

 注目のシューズは、ナイキの「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」。いわゆる「厚底」の最新モデルだ。MGCでは男子の出場選手30人中16人が着用。2時間11分28秒で優勝した中村匠吾(富士通)をはじめ、代表権を得た男女4人のうち3人が履いていた。

 マラソンでは足の力が地面に伝わりやすい「薄底」が常識だった。厚底はクッション性に優れているが、スピードには欠けるとされてきたためだ。しかし2016年のリオデジャネイロ五輪で、同社の厚底シューズの試作品を履いた選手が男女マラソンのメダル全6個中5個を獲得したあたりから、流れが変わった。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです