メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幕下が面白い

豊昇龍、琴手計 新十両見えた! いずれも4勝3敗 秋場所14日目

下手投げで十両の彩を破った豊昇龍(左)=東京・両国国技館で2019年9月21日午後2時55分、村社拓信撮影

 大相撲秋場所14日目の21日、モンゴル出身で幕内優勝25回の横綱・朝青龍のおい、東5枚目の豊昇龍(20)は、東十両13枚目の彩(27)に勝って4勝3敗で2場所ぶりの勝ち越しを決めた。これで、九州場所の新十両を大きく引き寄せた。同学年で埼玉栄高出身、西4枚目の琴手計(20)は東十両10枚目の臥牙丸(32)に敗れて4勝3敗で今場所を終えた。十両下位の成績が振るわないため、来場所の十両昇進が有力だ。

 琴手計に力水をつけてもらった豊昇龍は、既に負け越しが決まり、下は1枚だけで十両残留に後がない彩を、豪快に転がした。彩に突っ張られたが、腕をあてがって右下手を取っての投げが決まり、「言うことない。うれしいです」と声を詰まらせて喜びを語った。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです