メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幕下が面白い

豊昇龍、琴手計 新十両見えた! いずれも4勝3敗 秋場所14日目

下手投げで十両の彩を破った豊昇龍(左)=東京・両国国技館で2019年9月21日午後2時55分、村社拓信撮影

 大相撲秋場所14日目の21日、モンゴル出身で幕内優勝25回の横綱・朝青龍のおい、東5枚目の豊昇龍(20)は、東十両13枚目の彩(27)に勝って4勝3敗で2場所ぶりの勝ち越しを決めた。これで、九州場所の新十両を大きく引き寄せた。同学年で埼玉栄高出身、西4枚目の琴手計(20)は東十両10枚目の臥牙丸(32)に敗れて4勝3敗で今場所を終えた。十両下位の成績が振るわないため、来場所の十両昇進が有力だ。

 琴手計に力水をつけてもらった豊昇龍は、既に負け越しが決まり、下は1枚だけで十両残留に後がない彩を、…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです