メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZ気迫の「ハカ」披露 先住民の血を引くペレナラ先導 ラグビーW杯

試合前、ハカを披露するニュージーランドの選手たち=日産スタジアムで2019年9月21日、玉城達郎撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は、さまざまな国の文化を味わえる貴重な機会にもなる。横浜・日産スタジアムでは21日、1次リーグのニュージーランド(NZ)―南アフリカ戦のキックオフ直前に、NZ代表「オールブラックス」が、グラウンドで伝統舞踊の「ハカ」を披露した。気持ちを高ぶらせて踊る姿に、6万人を超える観客が詰めかけたスタンドから歓声と拍手が湧き起こった。

 気迫に満ちたオールブラックスの選手たちは胸をたたき、足を踏みならして声を張り上げた。ハカを先導した…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです