メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZ気迫の「ハカ」披露 先住民の血を引くペレナラ先導 ラグビーW杯

試合前、ハカを披露するニュージーランドの選手たち=日産スタジアムで2019年9月21日、玉城達郎撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は、さまざまな国の文化を味わえる貴重な機会にもなる。横浜・日産スタジアムでは21日、1次リーグのニュージーランド(NZ)―南アフリカ戦のキックオフ直前に、NZ代表「オールブラックス」が、グラウンドで伝統舞踊の「ハカ」を披露した。気持ちを高ぶらせて踊る姿に、6万人を超える観客が詰めかけたスタンドから歓声と拍手が湧き起こった。

 気迫に満ちたオールブラックスの選手たちは胸をたたき、足を踏みならして声を張り上げた。ハカを先導した…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです