メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

86キロ級・高谷、逆転負けも「あとは試合勘」 階級変更手応え 世界レスリング

 レスリングの世界選手権は第8日の21日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで行われ、男子フリースタイル86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)は3回戦でサンマリノ選手に2―5で敗れた。

 祈るように手を合わせて会場の大型モニターを見つめていたが、ビデオ判定の結果、終了寸前の相手の得点が認められた。逆転負けした高谷は「微妙だったが、どっちに取られてもおかしくはない」とさばさばした表情で語った。

 15日の現地入り後に40度の高熱を出した。何とか体調は整えたが、スタミナまでは戻らなかった。さらに3回戦の相手は「初めて見た選手でびっくりした」と情報がなかった。タックルに入って寝技に持ち込んでも、体をくねらせて押さえ込ませない相手の柔軟性に手を焼いた。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 厚労相「3800件は最大限可能な数字」 

  3. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  4. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです