メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王者のタックル、格の違い実感 74キロ級・奥井「12月まで追い込む」 世界レスリング

 レスリングの世界選手権は第8日の21日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで行われ、男子フリースタイル74キロ級で奥井真生(自衛隊)が、2012年ロンドン五輪金メダリストのジョーダン・バローズ(米国)に3位決定戦で敗れ、今大会での五輪代表入りを逃した。日本の出場枠は獲得しており、12月の全日本選手権で優勝すれば五輪代表に決まる。

 五輪と世界選手権で計5度の頂点に立ったバローズは格が違った。奥井は「タックルのスピード、重みはこれまでに無いものだった」。距離がある位置から、マットをはうようにして伸びてくるバローズのタックルを3度受け、対応できずに0―10でテクニカルフォール負けした。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです