メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

政治 千葉の大規模停電 政府と自治体が連携を

台風15号から1週間。屋根の補修をしたブルーシートが目立つ中、電気の復旧作業が続く=千葉県館山市布良で16日、手塚耕一郎撮影

[PR]

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 台風たいふう15ごうはげしいかぜあめ千葉県ちばけん中心ちゅうしん深刻しんこく被害ひがいたことはっているでしょう。2週間しゅうかんちかくたっても、まだ停電ていでんつづいているところもあります。みなさんのなかにもいえ被害ひがいにあったひとがいるかもしれません。

     10とおか以上いじょう電気でんきみずがこない。食事しょくじをするのも大変たいへんです。学校がっこうやすみになった地域ちいきおおい。そういうことが、いつどこできるかわからない。身近みぢかはなしであることを、大人おとなどもも、まずっておきたいとおもいます。

     たしかにこれまで経験けいけんしたことのないようなつよかぜでした。それによって、電線でんせんをつなぐための鉄塔てっとう電柱でんちゅうたおれてしまったのが、停電ていでんおおきな理由りゆうです。電気でんきおく東京電力とうきょうでんりょくも、まさか、ここまでとはおもっていなかったようです。

     同時どうじ当初とうしょはもっとはや復旧ふっきゅうするとっていたのに、復旧ふっきゅうはどんどんおくれてしまいました。その見通みとおしもあまかったと東電とうでんがわみとめています。

     もちろん、なぜこうなってしまったかは、今後こんごきびしく検証けんしょうしなくてはいけません。ただし、いま現場げんば懸命けんめい作業さぎょうしているひとたちにがんばってもらうのがさきです。

     もうひとがかりなのは、台風たいふうから1週間しゅうかん以上いじょうたっても、11市町村しちょうそん住宅じゅうたく被害ひがいがどうなっているか調しらべきれずに、千葉県ちばけんちょう報告ほうこくできていなかったてんです。人手ひとでりなかったのは間違まちがいないとおもいますが、東日本大震災ひがしにほんだいしんさいとき以来いらいほか都道府県とどうふけんから役所やくしょ職員しょくいん応援おうえんけつけるようになりました。人手不足ひとでぶそく市町村しちょうそんはもっと応援おうえんもとめていいし、となり東京都とうきょうとなどからすすんでけつけるべきでしょう。

     政府せいふ対応たいおうはやかったとはいえません。「まさか」というあま見通みとおしが安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじん首相しゅしょう)らにもあったのではないでしょうか。おおきな反省はんせい材料ざいりょうです。政府せいふ自治体じちたい連携れんけいして復旧ふっきゅういそいでもらいたいとおもいます。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

    3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

    4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

    5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです