メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤンキース・ブーン監督 就任2年連続100勝は史上初「全ては戦った選手たちによるもの」(スポニチ)

[PR]

ア・リーグ ヤンキース9—1エンゼルス(2019年9月19日 ニューヨーク)

 ヤンキースは2年連続の100勝到達で独走優勝。アーロン・ブーン監督は、メジャーで初めて就任初年度から2年連続100勝以上の快挙となった。「全ては戦った選手たちによるもの」との言葉が、指揮官の姿勢を物語った。

     2つの合言葉が浸透した。まず「NEXT MAN UP(次は自分の番だ)」。主力に故障者が続くと控えがカバーした。昨季まで通算2勝のヘルマンがチームトップの18勝。昨季19勝のセベリーノの穴を埋めた。控え構想のラメーヒューは1番に定着し、打率・329をマークした。

     7月18日のレイズ戦で判定に抗議し「俺たちは野獣軍団(SAVAGES)だ!」と絶叫した指揮官の「SAVAGES」もスローガンとして浸透した。冷静な起用と、熱さと。「これほどケガ人が出ながら勝てたのは監督のおかげ」と09年の世界一を知るベテラン・サバシアの言葉に、誰も異を唱えるものはいない。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

    4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです