メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21日仕切り直し 大坂、準々決勝雨で順延 東レ・パンパシフィックOP(スポニチ)

[PR]

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は20日、大阪市ITC靱TCで行われ、シングルス準々決勝で、世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)は同36位のユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)と対戦予定だったが、雨で21日に順延となった。同日は準決勝も組まれており、準々決勝を突破すればダブルヘッダーに。

     大坂は順延決定後にコートに姿を現し試合を待ち続けたファンに「今日は来てくれてありがとう」と謝辞。知っている関西弁を問われ「なんでやねん。毎度おおきに」と答えた。シングルスの準々決勝4試合、ダブルスの準決勝2試合が組まれていたが消化できたのはシングルスの1試合。23日までに大会を終える必要があるが、天気予報は今後も雨。屋内での無観客試合や複数選手で賞金を分ける可能性もある。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

    5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです