メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

札幌初戦 3万6000人、大歓声 /北海道

大勢の観客が見守る中、札幌ドームで開かれたラグビーW杯のオーストラリア-フィジー戦=札幌市豊平区で、貝塚太一撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の札幌初戦となるオーストラリア―フィジー戦が21日、札幌ドームであった。選手たちの迫力あるプレーに、観客席からは大歓声が上がり、大画面で中継する「ファンゾーン」が設けられた中央区の大通公園では、ラグビーファンが大勢集まり声援を送った。【真貝恒平、荻野公一】

 試合会場の札幌ドームには、海外からも含め3万6000人を超える観客が訪れた。

 両チームの選手たちの入場を音楽と和太鼓、大歓声で出迎え、試合では魅力的なプレーが飛び出すごとに歓声…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです