メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

山梨・身延 グランピング 快適旅館で自然も満喫 /東京

清流の川音も聞こえるグランピングのテント。中は広々とし、優雅な気持ちで宿泊できる=山梨県身延町で

 近年注目を集める「グランピング」。グラマラス(魅力的な)とキャンピングを組み合わせた造語で、ホテル並みのサービスを受けながらキャンプも楽しめる宿泊スタイルだ。山梨県身延(みのぶ)町の老舗旅館でグランピングを体験した。【野呂賢治】

 訪れたのは下部(しもべ)温泉郷(身延町)。富士山の西部に位置し、ひっそりとした山里に30軒ほどの旅館やホテルが建つ。戦国武将の武田信玄が上杉謙信との「川中島の戦い」で負った傷を癒やしたと伝えられ、信玄の隠し湯として知られる湯治場だ。

 キャンプとはにわかに結びつかないこの温泉郷で、グランピングを提供しているのが今年で創業90年の「下部ホテル」。1日1組限定で10月20日まで受け付けている。ホテルに到着後、広い敷地の奥に案内されると、木々に囲まれた一角にベルテントと呼ばれる大型テントが設営されていた。中には二つのベッドとテーブルが配置され、ゆったりと過ごせる空間が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです