メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

ビーフにビール Love KOBE 訪日客へ魅力パス /兵庫

ANAクラウンプラザホテル神戸に設置されているスポーツバー。地元の食を味わいながらW杯を観戦できる=神戸市中央区で、反橋希美撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が20日、開幕した。26日から4試合が開催される神戸には海外からも3万人以上の来訪が見込まれている。この機に「神戸ビーフ」など兵庫の魅力をアピールしようと宿泊施設や観光業界は歓迎準備を進めている。【韓光勲、反橋希美】

 ■手軽に神戸ビーフ

 神戸への“玄関口”、山陽新幹線・新神戸駅近くのANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市中央区)には大会期間の11月2日までスポーツバーが設置される。神戸ビーフと淡路産タマネギを使った「神戸ビーフパイ」「但馬どりのから揚げ」など12種の軽食を300円で提供。地元・白鶴酒造や菊正宗酒造の日本酒や神戸ワインも用意する。

 観戦後、遅くまで試合の感想を語り合う客を満足させようと、オープン時間は午後4時から「お客様が帰るま…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです