メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大琴桜がお出迎え 記念館、入場者が急増 倉吉 /鳥取

琴櫻記念館の入り口付近では巨大な琴桜像がお出迎え=鳥取県倉吉市魚町で、園部仁史撮影

 倉吉市出身で大相撲優勝5回を誇る、元横綱琴桜(2007年死去)を顕彰する同市魚町の「琴櫻記念館」の入場者数が、管理運営をNPO法人に委託した6月以降の3カ月で3500人と、前年同期比で1・5倍と急増していることが分かった。同法人は「孫の琴ノ若関が今年十両に昇進した。祖父であり市の偉大な横綱を再び知ってほしい」と話している。

 琴桜は現役時代、猛烈な頭からのぶちかましを身上とした取り口から「猛牛」の異名を取った。引退後は佐渡ケ嶽部屋を継ぎ大勢の後進を育て上げ、2003年には名誉市民に選ばれた。孫で千葉出身の琴ノ若関(21)=同部屋=は、今年7月の名古屋場所で新十両として土俵を踏み8勝7敗で勝ち越す成績を収めている。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです