メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初代藩主・水野勝成、祝・備後入封400年 福山城で住民ら時代行列 /広島

福山城の天守閣近くのステージで和太鼓を披露する児童ら=広島県福山市で、李英浩撮影

20代当主も登壇

 江戸期の福山藩を治めた初代藩主・水野勝成(1564~1651年)の入封(にゅうほう)から400年の節目を祝う「備後入封400年祭」が21日、福山市の福山城周辺であった。伝統芸能や時代行列など、往時を再現した出し物が次々に披露され、訪れた人たちは勝成の築いた歴史に思いをはせた。

 福山市などでつくる実行委が主催。勝成の治めた備後圏域にある5市2町の関係者も駆けつけ、神石牛や府中焼きといったご当地グルメ屋…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです