メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震被災の熊本市民病院、建て替え完成式典 受診できず死亡の遺族も出席 /熊本

 2016年4月の熊本地震で耐震基準を満たしていなかった主要病棟が損壊し、患者310人が転退院を余儀なくされた熊本市民病院の建て替え工事が終わり、21日、記念式典が開かれた。式典には病院が被災したため受診できず、16歳だった長女胡桃(くるみ)さんを地震の5カ月後に亡くした松崎久美子さん(50)らも出席した。

 熊本市民病院は防災拠点施設としての耐震基準を満たしていないことなどを理由に当初は15年度中の建て替…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです