メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

サニックス 公衆衛生から無限の可能性

 太陽光発電システムの製造、販売やラグビーのトップリーグ「宗像サニックスブルース」などで知られるサニックス。前社長の故宗政伸一氏が1975年、長崎県佐世保市で害虫駆除専門業者として創業したのが起源だ。

 78年に会社組織「三洋消毒」を設立。当時、国内の害虫駆除事業は被害が出てからの対処が一般的で、料金体系もあいまいなケースが多かった。だが、三洋消毒は「予防の重要性」を掲げて営業を展開。費用も事前に明示する戦略で顧客を獲得した。創業12年で西日本一帯に店舗網を広げ、売上高も60億円を…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです