メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 福島第2原発、廃炉どう進めるの?=回答・中津川甫

第1との10基同時進行 前例なく計画見通せず

 なるほドリーマン君 東京電力ホールディングス(HD)が福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)の全4基を廃炉にすると聞いたよ。

 記者 廃炉とは、老朽化や安全対策のコスト増などの理由で原発の原子炉を停止し、建物を解体することです。法律で運転開始から原則40年で廃炉にすることになっています(最大20年延長可)。福島第2原発は2011年3月の東日本大震災の際に停止したままです。運転開始から32~37年しかたっていませんが、東電は地元の意向に配慮して今年7月に廃炉を決めました。震災時に炉心溶融などの事故を起こした福島第1原発は既に全6基が廃炉の作業に入っていますが、こちらは「事故炉」の1~4号機を含むため、「一般廃炉」の第2原発とは進め方が違います。

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです