メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 福島第2原発、廃炉どう進めるの?=回答・中津川甫

第1との10基同時進行 前例なく計画見通せず

 なるほドリーマン君 東京電力ホールディングス(HD)が福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)の全4基を廃炉にすると聞いたよ。

 記者 廃炉とは、老朽化や安全対策のコスト増などの理由で原発の原子炉を停止し、建物を解体することです。法律で運転開始から原則40年で廃炉にすることになっています(最大20年延長可)。福島第2原発は2011年3月の東日本大震災の際に停止したままです。運転開始から32~37年しかたっていませんが、東電は地元の意向に配慮して今年7月に廃炉を決めました。震災時に炉心溶融などの事故を起こした福島第1原発は既に全6基が廃炉の作業に入っていますが、こちらは「事故炉」の1~4号機を含むため、「一般廃炉」の第2原発とは進め方が違います。

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです