特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

藻谷浩介・評 『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』=大木毅・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (岩波新書・929円)

無用の軍備が招いた悪循環

 ハリウッドの影響だろうか、第二次世界大戦に関しては、欧州の西部戦線と太平洋戦争、すなわち米国の主戦場だった二方面ばかりが語られがちだ。だが実際の犠牲者数は、日中戦争と独ソ戦の方がはるかに大きい。そしてその両者とも、米国が真珠湾攻撃を受けて参戦した1941年12月の時点で、十全に泥沼化していたのである。

 筆者が独ソ戦の凄(すさ)まじさに初めて気付いたのは、2014年の夏、モルドバ共和国の首都キシニョフに立ち寄った時だった。大戦終盤のヤッシー・キシニョフ攻勢で主戦場となったこの町には、およそ歴史的建造物というものが残っていない。この戦闘の両軍の死者は、硫黄島での日米軍の死者の10倍以上の、33万人だったという。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1441文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集