メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』=ターリ・シャーロット著、上原直子・訳

 (白揚社・2700円)

説得を妨げる確証バイアス

 2015年9月16日の夜、本書の著者である神経科学者のシャーロット氏は、米共和党の候補者討論会を見ていた。当時最有力候補だったのは小児神経外科医のベン・カーソンと不動産王のドナルド・トランプだ。

 自閉症とMMRワクチン接種の間に関連があるというトランプの主張についての議論が行われた。カーソンは、ワクチンと自閉症の相関を示す結果は報告されていないという統計的事実をもとに反論した。これに対し、トランプは、自閉症は流行病であり、注射器は馬に使うようなばかでかいものに見え、自分の従業員の子供がワクチンを受けた後、自閉症になったと主張した。このトランプの発言に科学者である著者でさえ一瞬パニックになったという。

 なぜカーソンの科学的な説明よりもトランプの説明の方が説得的なのだろうか。人は状況をコントロールした…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです