メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 意地の貴景勝・御嶽海 3人が3敗で楽日へ 栃ノ心が大関陥落

御嶽海(左)が突き落としで豪栄道を破る=滝川大貴撮影

 優勝争いは3敗の御嶽海、貴景勝の両関脇と平幕・隠岐の海に絞られた。22日の千秋楽で貴景勝と隠岐の海が直接対決、御嶽海は小結・遠藤と対戦する。

 御嶽海は立ち合いで右に変わり、大関・豪栄道を突き落とした。貴景勝は竜電を一直線に押し出し、隠岐の海は遠藤との激しい攻防の中で、遠藤が俵を踏み越えたことで3敗を守った。新入幕の剣翔は琴勇輝に敗れ4敗に後退した。

 角番の大関・栃ノ心は妙義龍に敗れて負け越しが決まり、関脇への陥落が決まった。幕内最軽量98キロの炎鵬は2場所連続の勝ち越しを決めた。

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. JR九州の駅無人化「移動の自由の妨げで違憲」 大分の車椅子男女3人が賠償提訴

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです