飛び込み 日本選手権 三上V2 女子3メートル板

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子3メートル板飛び込みを制した三上
女子3メートル板飛び込みを制した三上

 飛び込みの日本選手権は21日、金沢市の金沢プールで開幕し、女子3メートル板飛び込みは東京五輪代表の三上紗也可(米子DC)が330・70点で2連覇した。

 シンクロ板飛び込みの男子は東京五輪代表の寺内健、坂井丞組(ミキハウス)が395・25点で5連覇。女子は渋沢小哉芳、金戸華組(セントラルスポーツ)が270・60点で4年ぶり2回目の優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文510文字)

あわせて読みたい

ニュース特集