メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

日本、重圧越え開花 「ジャッカル」独走トライ

【日本ーロシア】後半、ラブスカフニが独走しトライを決める=長谷川直亮撮影

 ◆日本

 獲物に食らいつく猛獣になぞらえ、ボールを力ずくで相手からもぎ取るプレーは「ジャッカル」と呼ばれる。FW第3列のフランカーにとって華とされるプレーを日本のラブスカフニ(クボタ)が連発し、自国開催のW杯初戦の勝利を支えた。

 後半6分、自陣でロシアの長身FWオストリコフに立った状態でタックルし、絡みついた。両腕をひねってボールを奪い取ると、追いすがるSOクシナリョフを左手で突き放し、50メートル以上を走ってインゴールにダイブ。バックス顔負けの走力も披露し、「ゴールラインを越えた時は喜びでいっぱい。最高の一瞬」と満足感に浸った。

 ロシアに再び自陣ゴール前まで押し込まれた場面では、倒れ込んだ相手選手に覆いかぶさり、両腕を差し込ん…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです