メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

No Pain No Gain

課題は攻撃の精度=箕内拓郎

 日本代表の本来の実力からすれば、ロシア戦の出来は40~50%ほど。それでも、初戦のプレッシャーで思うようなラグビーができない中でもきっちりと勝ち、しかも(4トライ以上獲得による)ボーナス点1を獲得できたことは大きかった。結果としては100点。選手たちは「これでやっとワールドカップ(W杯)に入っていける」という心境になったはずだ。

 自国開催の開幕戦。多くの期待と注目が集まり、普段通りの精神状態で試合に臨むことが一番難しい。いきなりキックオフのボールをキャッチミスし、先制トライを許した場面も浮足だってキックの処理をミスしたところを突かれた形だ。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです