メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

茂山千作さん 74歳=能楽狂言方大蔵流、五世

 明るくおおらかな芸で親しまれた京都の能楽狂言方大蔵流、五世茂山千作(しげやま・せんさく、本名・正義=まさよし)さんが21日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。74歳。通夜は23日午後7時、葬儀は24日午後1時、京都市左京区正往寺町457の大蓮寺。喪主は長男十四世茂山千五郎(本名・正邦=まさくに)…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです