メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓はどこに

東電強制起訴判決/下 安全対策、攻防続く 規制委、業界の「甘え」許さず

 「少なくとも地震発生前までの時点においては、法律の規制などは絶対的安全性の確保までを前提としてはいなかった」。東京電力福島第1原発事故で津波を予見できなかったとして、旧経営陣3人の刑事責任が問われた19日の東京地裁判決は、3人を無罪とした理由で事故前の状況をそう認定した。

 その規制は、原発事故を受けて厳格化された。自然災害やテロなどに備えて安全対策のハードルが高まる中、原発の再稼働を目指す電力会社と原子力規制委員会の間には、どこまで対策をすべきか「攻防」が続いている。

 4月17日、東京・六本木の原子力規制委員会。九州電力と関西電力、四国電力の原発担当の各役員が、規制委との意見交換会で顔をそろえた。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです