メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自衛隊も動員、患者114人を一斉搬送 岩手医大引っ越し

旧病院からの患者を新病院内に搬送するスタッフら=岩手県矢巾町で

 岩手医大は21日、盛岡市内丸の旧病院から岩手県矢巾町医大通2の新病院に入院患者114人を一斉搬送した。救急車や自衛隊の車両に患者を乗せて運んだが、患者の容体の悪化や目立った交通トラブルはなく、小川彰理事長は「スムーズに搬送を終えることができた」と総括した。新病院は24日から外来や新たな入院、緊急患者の受け入れを開始する。【小鍜冶孝志】

 午前7時前から新旧病院にスタッフがそれぞれ集まり、最終の打ち合わせをした。同8時に搬送が始まり、約30分後に最初の患者が約9キロ離れた新病院に到着。その後も次々と患者が運ばれ、医師が慎重にストレッチャーで院内に迎え入れた。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです