メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受診できず死亡の遺族も出席 建て替え完成式典 地震被災の熊本市民病院

式典では熊本市の大西一史市長(右から5人目)らがテープカットした=熊本市東区東町の熊本市民病院で2019年9月21日、清水晃平撮影

 2016年4月の熊本地震で耐震基準を満たしていなかった主要病棟が損壊し、患者310人が転退院を余儀なくされた熊本市民病院の建て替え工事が終わり、21日、記念式典が開かれた。式典には病院が被災したため受診できず、16歳だった長女胡桃(くるみ)さんを地震の5カ月後に亡くした松崎久美子さん(50)らも出席した。

 熊本市民病院は防災拠点施設としての耐震基準を満たしていないことなどを理由に当初は15年度中の建て替え着工を予定していたが、建築資材費の高騰などで延期。16年度以降も着工の見通しが立たないまま熊本地震に見舞われ被災した。胡桃さんや、転院後に4歳で亡くなった宮崎花梨(かりん)ちゃんは震災関連死と認定された。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです