メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受診できず死亡の遺族も出席 建て替え完成式典 地震被災の熊本市民病院

式典では熊本市の大西一史市長(右から5人目)らがテープカットした=熊本市東区東町の熊本市民病院で2019年9月21日、清水晃平撮影

 2016年4月の熊本地震で耐震基準を満たしていなかった主要病棟が損壊し、患者310人が転退院を余儀なくされた熊本市民病院の建て替え工事が終わり、21日、記念式典が開かれた。式典には病院が被災したため受診できず、16歳だった長女胡桃(くるみ)さんを地震の5カ月後に亡くした松崎久美子さん(50)らも出席した。

 熊本市民病院は防災拠点施設としての耐震基準を満たしていないことなどを理由に当初は15年度中の建て替…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです