メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“言葉のチカラ”感じて 人気声優が朗読音声 高知県立文学館で企画展

会場に並ぶ文学作品やパネルに書かれた作品の一節=高知市で2019年9月20日、郡悠介撮影

 言葉が持つ力を文学作品や音声を通じて紹介する企画展「言葉のチカラ、声の魔法展」が21日、高知県立文学館(高知市丸ノ内1)で始まった。文学作品などの資料約60点や作中の印象的な一節を集めたパネル、県出身の人気声優が吹き込んだ朗読音声を楽しむことができる。11月17日まで。【郡悠介】

 文学作品の数々を「心」「恋」「時」「音」の4テーマに分けて並べた。「音」コーナーでは作品の一つに宮沢賢治の「やまなし」を選んだ。作中から「クラムボンはかぷかぷわらったよ。」の一節を引いてパネルに載せ、賢治が作品でオノマトペ(…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです