メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎県一部暴風雨域に 22日夜対馬海峡抜け北東へ 大型の台風17号

JR延岡駅構内で突風により飛ばされたコンテナと折れ曲がった鉄塔=宮崎県延岡市幸町で2019年9月22日午前10時42分、勝野昭龍撮影

 大型の台風17号は22日正午現在、長崎県五島市の南西約170キロの海上にあり、長崎県の一部を暴風域に巻き込みながら時速約30キロで北北東に進んでいる。22日夜に対馬海峡を通過後、勢力を保ったまま日本海を北東へ進み、温帯低気圧になって北日本に接近する見込み。

 宮崎県延岡市では22日午前8時半ごろ、竜巻とみられる突風が発生し、家屋などが損壊。JR日豊線延岡駅構内では風で飛ばされた貨物コンテナが鉄塔にぶつかり、鉄塔が倒れた。九州電力によると、同日午後1時現在、同市を中心に宮崎、鹿児島両県…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです