観測体制強化もなお脆弱 御嶽山噴火から5年「規制解除さらに10年」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火から27日で5年になる。現地では噴火警戒レベルが下がり、安全対策も進んでいる。気象庁は火山業務に関わる職員を大幅に増員するなど観測体制を強化。しかし、専門家の数は少なく、その体制は海外と比較すると脆弱(ぜいじゃく)なのが実情だ。

この記事は有料記事です。

残り2874文字(全文3030文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集