メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棚田「白米千枚田」で結婚式 実った稲穂を2人で刈り取り 輪島

白米千枚田であった結婚式で初めての共同作業として稲刈りを行い笑顔を見せる新郎新婦=石川県輪島市で2019年9月22日、平川義之撮影

 国指定名勝の棚田「白米(しろよね)千枚田」(石川県輪島市)で22日、2組のカップルが結婚式を挙げ、千枚田にたわわに実った稲穂を2人で刈り取った。

 千枚田のPRのため、2000年に始まり、今年で20回目。新郎新婦は稲刈り後、新米で作ったおにぎりを食べさせ合ったり、ブーケに見立てた稲わらの束を参列者に…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです