メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

約4メートルの高潮どう防ぐ 伊勢湾台風60年 中枢・名古屋港の課題

名古屋港の防災施設

 1959年9月26日に伊勢湾台風が上陸して間もなく60年。名古屋港には観測史上最大の3・89メートルの高潮が押し寄せ、甚大な被害につながった。同港は被災を教訓に防災対策が進んだが、経済成長とともに輸出入の拠点として地元のもの作りを支える存在となった今、課題も垣間見える。【三浦研吾】

大量の木材、市街地襲う

 名古屋港の2017年の統計によると、同年の総取扱貨物量は1億9597万トンで16年連続日本一、自動車輸出台数も130万台で39年連続日本一だった。

 国内有数の存在となった同港だが、伊勢湾台風では大きな被害が出た。当時、港には17カ所、122ヘクタ…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです